« 雨が怖い | トップページ | まちは生きていく »

九条を守る

昨日、ある先輩と憲法九条を改憲すべきかについて話させていただきました。

北朝鮮や中国の軍事適脅威を目の前にして日本が軍隊を持たなければ、シビアな国際社会では、この国は守れないというお話を伺いました。

確かに、今外国に攻められたらどうするのかという目前の課題は現実味がまったく無い話とは思いません。日本の防衛をどうするかというテーマは、真剣に、かつ早急に議論されるべきものです。

しかし、目の前に外国の脅威があるからといって憲法九条を改正し軍隊を持ち、戦争のできる国にするというのには、私は反対です。

現行の憲法が制定されてから60年余り。この間、日本はこの憲法の精神をどう外交や国防に生かしてきたのでしょうか。

戦後、一度も戦争をすることがなかったこの国を誇りに思う一方で、世界に誇る憲法九条を持ちながら、実はその思いを世界に向けて発信し、その具現化に知恵と汗をかくことを怠ってきたのではないか。この国が平和でいられたのは、アメリカ軍に国家の安全保障を“委託”し、核の傘に守られてきたことに拠るところが大きいことも否定できません。

今からでも遅くはありません。この国の安全保障をどうするか私たちも真剣に考えるときです。

安易に軍隊を持つことを議論する前に、九条の理念をどう国際社会で具現化し、国家の平和を保っていくかに叡智を絞ることこそ、まずすべきことだと思います。

当然、アメリカに依存してきた安全保障や、核の傘を真正面から見直す難しい課題があります。

それらをしっかり見つめ、九条の現実的な運用を模索していくのか、子供たちを軍隊に送る覚悟を持って改憲するのか、次の世代に向けて私たちの選択が迫られます。

« 雨が怖い | トップページ | まちは生きていく »

非戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九条を守る:

» 日本の評判 [政治]
私の海外経験からすると外国の方々の日本に対する評判はおおむね良好です。。 理由には日本製品の高品質、日本人の人柄などが有ります。 変わった所では、アメリカやイギリス、ロシアと戦ったことがある等。 最大の理由は日本は戦争をしないからです。 世界からの尊敬や信頼を失わない為に戦争を出来る国にしようという動きが有ります。 全くもって大きな勘違いです。 今後アメリカや国連を通じてでも自衛隊の海外派遣が続けば 日本も必ず多くの国から尊敬信頼を失うことになります。 災害援助等の派遣は問題ないと思いますが。 ... [続きを読む]

« 雨が怖い | トップページ | まちは生きていく »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

link

最近のトラックバック

無料ブログはココログ